病院に行ったらお世話になる看護師さんは看護師の資格を取得するために学校で看護の一般的な勉強から始まり看護実習まで医療に関しての様々な勉強をします。
そんな看護師さんですが病院ではなくなてはならない存在です。
病気や怪我をしたときの心の支えとしても大切な存在です。
以前ちょっとした怪我で数日間入院が必要になったときに担当してくれた看護師さんは私の不安内容をしっかりと聞いてくれ、その後もずっと気にかけてくれました。
なによりうれしかったのは、退院後に診察へ行った際その看護師さんと丁度顔を合わせる事になり、声を掛けてくれたことでした。
まるで私専属の看護師さんになってくれたみたいで心の距離がとても近かった気がします。
病院関係者でない限り、あまり近しい存在ではない病院に行くこと自体が緊張してしまいますが、特に入院やさらには手術をすることになってしまったら、その不安心は大変なものになります。
そんなときに少しでも自分と近い距離に立っている看護師さんが居るというだけでも心が楽になれます。
また、大した事でもないけれど、相談したいことがあるときなどには気軽に声を掛けることができるので、普段から仲良くしたいと思います。
最近では看護師さんも担当する患者さんの数が増え、大変な仕事量になると聞きます。
一人ずつにそうして接するのは大変かもしれません。
しかし患者の目線で見てみると、医者や家族よりも気軽に話しかけることができるのはやはり看護師さんだと思うので、少しでもいいので気にかけてほしいと思います。
病院関連で悲しいニュースを聞くこともありますが、全員がそういった人ではないと思いたいですね。