不慮の事故や病気などで病院に入院することになったらどうしますか?
入院する原因はなんであれ、必要なものはさまざまです。
ある人が足を骨折して入院しなければならなくなった際には、日用品はもちろん、着替えを準備したのですが、この着替えというのも少し考えなければなりません。
足を骨折しているのですから、当然ギプスを着けて包帯を巻いています。
すると、あまりタイトなズボンを用意すると着用できません。
また、ぶかぶかのものを用意すれば着心地が悪くなってしまいます。
また、着替え以外にも、普段足を固定しておくクッションのようなものや、片足でも立ちやすいサンダルなどたくさん用意するものがあります。
また、長い入院生活をする際には、少しでも気を溜めないようにしなければなりません。
雑誌や趣味のものなどを用意したり、頻繁に面会に行ったりなど、入院に関するお世話はたくさん見つかります。
もちろん健康でいること以上のものはありませんが、いつどんなときに入院してしまう事態になるかわかりません。
もし、入院することになってしまったら、ということを考えて普段から着替えを用意したバッグを作ったり、アレルギーや服要約を明記した「お薬手帳」などを目につくところに置いておくだけでも準備になります。
もしもの時に備えておくと、後々に発生するかもしれない不測の事態を予防できるかもしれません。
「自分は入院なんてしないから大丈夫」なんて言わずに、少し気にしてみるのもいいかもしれません。